育毛剤口コミランキング

カツラは一時的なハゲを隠すためのものとしてはとても便利です

しかし、それを使用する人には,周りの目などを気にするなど、多くの苦悩があるというのも事実です

カツラで薄毛に対処

カツラのメリットとデメリット

頭皮を覆うタイプと部分的に使用するタイプ

薄毛を改善するためのもっとも手っ取り早いのはカツラを使用すること。
頭全体を覆うタイプと部分的に適用するタイプの2つがあり、
最近では技術が非常に進歩していて、ひと目でカツラとわかるようなものもありません。

最近では技術が進化している

それでは、そのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

即効性が売り

いちばんのメリットといえばやはりその即効性でしょう。
また、植毛などと違って簡単に取り外すことができて元に戻せるというのもメリットしてあげられます。

一時的な代替案とし

たとえば円形脱毛症はストレスによって起こることが多いのですが、そのストレスを取り除いてやればほとんどの場合は治ります。
ですから、それまでの一時的なハゲを隠すためのものとして使うこともできるわけです。

デメリット

バレないかという心理的苦痛

カツラには上記のような便利な面もあれど、それを使用している人にはさまざまな苦悩があるのも事実。
その最たるものは「バレないか…」ということでしょう。

縫い付ける方法もある

最近のカツラは非常に精巧に作られているとはいえ、なにかの拍子にとれてしまうことはあります。
粘着物でどんなにしっかりとくっつけてもなんらかの原因でとれてしまうことはあるんです。
これを防ぐためには髪に縫い付けるという方法もあるのですが、
その場合、髪が伸びてくるので1ヶ月に1回とり外さなくてはならないという手間があります。

その場合定期的メンテナンスが必要

また、カツラの毛は自毛のように伸びたりしません。
ですから、自毛が伸びてくると、どうしてもカツラの部分との差が目立ってきてしまいます。
自毛が白髪になったときの色の違いも気になります。

  • 同時に予備を2つ、3つ持つ必要性
  • 2、3年ごとに新品に変える必要性

長く使用することになれば、値段も高くついてしまいます。
カツラを使用している人の多くは、汚れたり、壊れたりしたときのために同じカツラを2~4つくらいもっているのですが、
それも2~4年ごとに新品に取り替える必要があり、定期的なメンテナンスも必要になります。

薄毛の対処法の関連記事一覧

育毛剤の基礎知識

薄毛の対処法

生活習慣による対策

育毛発毛Q&A