育毛剤口コミランキング

抜け毛を防いで育毛するためにはビタミンB6は大切な栄養素です

抜け毛と同時に口内炎ができている人はビタミンB6が不足しているかもしれませんので摂取するのをオススメします

ビタミンB6は抜け毛対策に効果がある

ビタミンB6不足で抜け毛に

肌荒れや口内炎の症状と同時におこったら原因はビタミンB6不足

抜け毛が起こっていて、同時に肌荒れや口内炎の症状が出ている人はいませんか?
そんな場合の抜け毛の原因はビタミンB6不足かもしれません。

髪の毛はたんぱく質でできている

髪の毛は主にたんぱく質でできています。
たんぱく質は肉や魚に多く含まれるのですが、摂取されてから一度アミノ酸に分解されます。
このアミノ酸をいろいろに組み合わせていくことで目的に合ったたんぱく質が作られていきます。

目的にあったたんぱく質をつくる手助けをしているのがビタミンB6

このときのアミノ酸を組み合わせてたんぱく質を作る酵素を手助けする役割をもつ栄養素がビタミンB6。
ですから、ビタミンB6が不足すると、髪の毛を形成しているケラチンというたんぱく質も作ることができなくなってしまうんです。

ビタミンB6不足は貧血の原因にも

また、ビタミンB6が不足すると、ヘモグロビンもうまく作られなくなり、酸素が体中に行き渡らなくなって貧血の原因にもなります。

ビタミンB6の摂取方法

ストレスに比例してビタミンは消費される

ビタミンB6は腸内でも合成されているので、他の栄養素に比べるとそれほど不足することはないようです。
しかし、ストレスや疲労が溜まっているとそれだけ多くのビタミンが消費されるので、ビタミンB6も不足がちになります。
妊婦さんも不足しやすいようです。

普段どうりに肉、魚を摂取していれば問題ない

ビタミンB6の多く含まれる食品をいくつか列挙してみると、
まぐろ、さけ、かつお、あじ、牛レバー、牛もも肉、鶏レバー、鶏もも肉、豚レバー、ピーナッツ、バナナ…などなどです。
肉や魚などをふだん通りに食べていればそれほど不足することもなさそうですね。

ビタミンB群を総合的に取ることが大事

けれども、ここで注意してほしいのは、ビタミンB郡は複数のビタミンが寄り集まってはじめてその本来の力を発揮するということ。

ビタミンは総合してはじめて本来の力を発揮する

だからビタミンB6だけをとればいいというわけではなく、ビタミンB郡を総合的にとることが大切なんですね。
ビタミンB6と特に相性がいいのはビタミンB2なので、この2つは同時に摂取するといいでしょう。

生活習慣による対策の関連記事一覧

育毛剤の基礎知識

薄毛の対処法

生活習慣による対策

育毛発毛Q&A