育毛剤口コミランキング

AGA(ハゲ)が遺伝するということは家族調査などからも明らかになっています

AGAになるリスクは遺伝子の検査である程度予測することができますので心配な人は病院で検査をオススメします

薄毛やハゲはやっぱり遺伝する?

ハゲは遺伝する?

これは本当

AGA(ハゲ)は遺伝すると言われますが、実際のところはどうなのでしょうか?
結論から言ってしまうと、これは本当のことです。
家族調査などの研究結果からもこのことは明らかになっています。

AGAが遺伝しやすいパターンを高い順に並べると、次のようになります。
 

  •  両親が共に薄毛である。
  •  母親は薄毛ではないが、父親が薄毛で、母方の祖父母にもその傾向がある。
  •  両親どちらも薄毛ではないが、祖父母にその傾向がある。

しかし、両親が共に薄毛の場合でも必ずハゲになるということはありませんし、同じ兄弟でもハゲたりハゲなかったりします。

ハゲの遺伝はとても複雑

ハゲの遺伝は単純なものではなく、とても複雑なものなのです。

AGA遺伝子検査

将来AGAにならないかと心配な人のために「AGA遺伝子検査」というのがあります。
これでわかることは次の2つ。

  •  脱毛リスク

若い時期にAGAを発症するリスクを予測します。

  • フィナステリドの感受性

AGAになった場合、その治療薬であるフィナステリドでどのくらい治療することができるかを予測します。

この「AGA遺伝子検査キット」は、ショッピングサイトで購入することができます。
それを使って頬の内側の肉を採取し、業者に郵送すると、その検査結果が通知されます。

AGAを予防する

もしAGAだと診断されてもがっかりしないで

もしこの検査でAGAのリスクがあるという結果が出てしまっても、あまり肩を落とさないようにしてください。

実際に遺伝子が関与している割合は4分の1程度

ある説によると、AGAに遺伝子が関与している割合は4分の1程度でしかないと言われています。
ですから、生活習慣を改善するなど早めの対策をすることで、発症を予防したり、遅らせたりすることは充分に可能なんです。

まずは、育毛シャンプーで予防対策から

まだ抜け毛が始まっていなければ、育毛剤を使う必要はないですが、
育毛シャンプーなどで頭皮環境を常に良くしておくということは大切です。
酒や煙草をやっている人はその量を減らすように。
ふだんから適度な運動もこころがけましょう。
「抜け毛を防ぐ生活習慣は?」のページで紹介したようなことを実践してみてください。

育毛発毛Q&Aの関連記事一覧

育毛剤の基礎知識

薄毛の対処法

生活習慣による対策

育毛発毛Q&A